埼玉県入間市 インプラント|エレナ歯科クリニック
HOME>第三の歯 インプラント

第三の歯 インプラント

一般的なインプラント
  永久歯を欠損したまま放置すると、次第に口腔の機能不全や全身への悪影響を及ぼす事になります。
それらを改善するのが、第三の歯とも言われるインプラントです。
  現在、歯科用インプラントと言われるものは様々な種類があり、それぞれに一長一短があります。
そのため、その患者さんに最も適したインプラントを選択することが重要です。
その中でも一般的なのは、チタン製のスクリュータイプだと思います。
  当院では、世界的にシェアの高いノーベルバイオケア社の数種類のインプラントとzimmer社のスプラインインプラントを状態にあわせて使い分けています。

~ 一般的なインプラントの治療手順 ~

    1.   精密な診査・治療計画の立案と十分な説明
    2.   術前の口腔内全体の環境改善(衛生状態、う蝕、歯周病、咬み合わせなど)
    3.   一次オペ フィクスチャー(人工歯根)の埋入
    4.   二次オペ アバットメント(土台)の連結
    5.   上部構造(歯冠)の装着
    6.   メインテナンス


  一次オペ後、人工歯根が骨に結合するのに3~6ヶ月待機することが一般的です。
しかし、最近では条件がそろえば早期に仮歯までその日に行うこともあります。また、二次オペの無い
1回法と呼ばれる方法もあります。


一次オペ歯肉剥離してフィクスチャー(人工歯根)埋入


二次オペ アバットメント連結


上部構造(歯冠)装着