埼玉県入間市 インプラント|エレナ歯科クリニック
HOME>様々なインプラント治療


GBR

GBRとは

GBRとは、骨誘導再生法と呼ばれる骨を増やす方法の一つです。


インプラント治療にはある程度の骨幅が必要です。
骨が少ない方の場合には骨を増やす必要性があります。
GBRとは、インプラント治療において、十分な骨の量がない場合に用いられるテクニックの一つです。


例えば、インプラントを埋め込む際に、表側の骨の量が足りない場合、メンブレンと呼ばれる特殊な膜で、骨を作りたい場所を覆います。
骨をつくる場所には、人工の骨補填剤を入れておきます。
そこに、骨芽細胞は集まり、骨ができます。 約4~5ヶ月で、新生骨ができあがります。 骨が再生され、インプラントが生着すると、人工の歯(上部構造)を製作して装着します。

GBR症例 <上顎の骨が極端にない症例>
自家ブロック骨移植+骨補填剤+チタンメッシュプレートによる
GBRを行い6本のインプラントにより咬合回復


長年、上顎の義歯を使用されていましたが、義歯の脱着や清掃が煩わしいことや硬いものが
咬めないことから将来的な全身への影響を懸念されていらっしゃいました。
そのため、インプラントを希望し他院を受診したが、骨がないためインプラントは不可能と言われて
当院へ受診されました。

精査したところ、上顎には前歯から臼歯にかけて、骨の吸収が著明でこのままではインプラントが
出来ない状態でした。それでもご本人様のインプラント治療の希望が強かったため、静脈内鎮静法
併用し前歯部にGBRを行いオールオン4に準じて6本のインプラント埋入を行いました。


上顎にほとんど骨がないことが推測されます。


All-on-4 症例

レントゲンでも上顎はほとんど骨がない状態とわかります。


All-on-4 症例

極端に菲薄化した骨の様子。


自家骨と骨補填剤とチタンメッシュプレートでGBRを行います。


上顎左右前歯部にGBRを行います。


約6ヶ月後にチタンメッシュプレートを抜去する時の状態です。


明らかに骨が増生された状態です。


上顎にオールオン4の概念に準じて6本のインプラントを埋入しました。


All-on-4 症例

6本のインプラントの口腔内所見です。


インプラント固定式仮歯の入った状態です。