埼玉県入間市 インプラント|エレナ歯科クリニック
HOME>様々なインプラント治療


サイナスリフト

サイナスリフトとは

サイナスリフト法は、上顎にインプラントを挿入するスペースを確保するため、骨が薄い部分の
上顎洞に自家骨や骨補填剤を置き、そこに骨を作り、顎の骨量を増す治療法です。

上顎の歯のすぐ上には上顎洞と
呼ばれる空洞があり、その上顎洞
までの骨が薄く上顎にインプラント
を埋入できない場合に行います。
(図は、サイナスリフト前の様子)








サイナスリフト法には移植骨の生着を待って二次的にインプラント埋入を行う方法と骨移植と同時に
フィクスチャーを埋入する方法とがあります。
骨移植と同時にインプラントを埋入する方法は上部構造装着までの期間が短縮され、手術回数が減って
患者の負担が少ないという 利点はありますが、インプラントの成功率は劣り適切な方向へインプラントを
埋入するのが困難です。
これに対し、増骨が終了した後、インプラントを埋入する方法であればかなりの成功率を得ることが
できます。

(図は、サイナスリフト後の様子)











サイナスリフト 症例
サイナスリフト 症例
右上上顎洞を側面からあけます。


サイナスリフト 症例
骨増生とインプラント2本同時埋入しているところです。


サイナスリフト レントゲン
術前のレントゲン写真:上顎洞までの距離が2~3mmしかありません。


サイナスリフト レントゲン
術後レントゲン:上顎洞に骨を増生してインプラント2本同時埋入することができました。