埼玉県入間市 インプラント|エレナ歯科クリニック
HOME>当院のコンセプト

当院のコンセプト

~ インプラントにより全身の健康維持、生活の質の向上を! ~
  当院では、みなさまの口腔の機能、審美を良好な状態にし、それをもって肉体的にも精神的にも全身の健康に寄与することを目標としています。
コンセプト 日本歯科医師会や厚生労働省の提唱する8020運動を聞いたことがありますか?
80歳になっても20本以上自分の歯を保とうというものです。その様々なデータ分析では、自分の歯が少ない人ほど、いろいろな疾患にかかりやすくなることを示しています。つまり、口腔の機能が減少する と全身への悪影響が生じるということです。
しかし、一生懸命に日々の歯ブラシを行っていてもむし歯や歯周病で歯が無くなっていく方もいます。その失われた 歯の機能を補うため義歯やブリッジを使用すると、負担加重から他の歯へも悪影響があるため、次第に他の歯も喪失する悪循環を生じることもあります。

  そこで、歯を喪失した時には、残存歯への悪影響のないインプラントが最も適しています。
インプラントにより失われた歯の機能を補うと、咬む力をインプラントが担うことにより、他の残存歯が歯周病で動揺があったものが、動揺が減少していくことはよく経験することです。
つまり、インプラントは失われた歯の機能を再現することはもちろん、他の残存歯を長持ちさせることにもなります。ひいては、前述した全身の健康維持に繋がると思います。

  また、義歯やブリッジと違い審美的にもインプラントは良好な結果を得ることが出来ます。思いっきり口を開けたり、白い歯を見せて素敵な笑顔でコミュニケーションをとったり、硬い物でも何でも食べられたりといった、生活の質の向上を得ることができます。
コンセプト
  これだけインプラントがいいと分かっていても、インプラントは骨に埋め込むのが一般的なので、骨が吸収していると適応が難しいものです。歯を喪失して年数がたつと、運動しなければ筋肉が衰えていくのに類似し、骨も減少していきます。
そのため、インプラントを希望して歯科医院に行っても、「骨がないからインプラントは無理」と言われてしまった人をよく耳にします。
しかしこの時代、再生療法が目覚ましい進歩を遂げていますので、骨がなければ骨を造って、あるいは骨がなくても様々な方法と技術で工夫すれば多くの場合インプラントは可能となるのです。
当院では、長年大学病院の口腔外科に在籍し口腔外科専門医として全身麻酔の様々な経験や口腔癌をはじめ全身管理が必要な口腔外科的疾患に携わってきた経験をもとに困難なインプラントにも対応しています。

  このように、インプラントは歯を喪失した場合には、とても価値のある治療法です。
ここで認識してほしいことは、インプラントが目的ではなく、インプラントにより全身の健康維持生活の質の向上を図るということです。さらに、それ以上自分の歯が喪失しないように、歯科衛生士を軸にブラッシングを徹底することが重要です。

  これを読まれた患者さんで、不明な点や個々の疑問点があれば遠慮なく連絡をしてください
まずは、メールで問い合わせでも、電話で直接いただいても結構です。正規の診療時間内はゆっくりお話できないので、最初に打ち合わせして、診療終了後の夜間に十分な時間をとってお話できればと思います。

  また、これを読まれた歯科医師の方、一緒に勉強していきませんか?
インプラントはケースバイケースであり、最も適した方法を一緒に検討しませんか?また、知人の歯科医院には、難しい骨造成を含んだインプラントなどの出張オペも行っています。完全滅菌したオペ器具、静脈内鎮静法やモニター一式を持参し、インプラントオペのアシスタントに慣れた歯科衛生士とともに出張オペを行っています。